手すり取り付け工事!室内/廊下の手すり/階段の手すり事例 in練馬区

★☆★2018.8.25(土)施工事例アップしました★☆★

NEW!杉並区上井草にて、浴室の手すり取付け工事完成しました

以前から玄関ポーチへの手すり設置等、事あるごとにお声かけ下さっているお客様です。今回は、既存のユニットバスの中とその出入り口脇の洗面所側に手すりを新設。手すりは水廻りということもあり浴室の中も外も樹脂製のものをご提案させていただきました。

練馬区小竹町にて、階段の手すり取付工事完成しました。


以前、工事をさせて頂いたお客様の実家です。お母様は、下肢筋力の低下や関節痛により歩行中のふらつきがあり、一年ほど前から階段付近での転倒が続いていました。
家事もこなす必要がある中で、安心・安全・負担軽減のため、玄関前の階段と室内の階段に手すりを設置させて頂きました。取付け位置は、ご本人の状態を入念に考慮して決定しました。
介護保険住宅改修給付制度を利用することで、ご本人の費用負担は1割です。お母様にも、お嬢様にも大変喜んで頂けました(^^)玄関前の手すり写真はこちらです。

練馬区羽沢にて、階段の手すり取付工事完成しました。


「ご実家からお母様がいらっしゃるまでに・・・」とのご要望でした。最短の手配をして何とか間に合わすことができました。もちろん、高さ・角度の打ち合わせを含め、施工の方もばっちりです。

練馬区富士見台にて、階段の手すり工事が完成しました。

ご主人様の実家にお引越しされます。主に使用される奥様が、一番使いやすい場所と高さに設置させて頂きました。奥様の身長や動線を最優先に、どのあたりに手を置くかなど、事前に綿密な打ち合わせを行いました。


最初の訪問から工事の手配、工事監理、完成まで福祉住環境コーディネーターが担当しました。担当者はずっと変わりません。※ホームページを見てお問い合せ頂いたお客様です。

練馬区早宮にて、手すりの取付工事が完成しました。

奥様が昨年の秋に緊急入院。今年1月に退院されましたが歩行や立ち座り、つまづきなどに不安がありました。そんな中、お優しいご主人様から「至急手すりの取付を」というご依頼を頂きました。

最初のご訪問~ヒアリング~商品選定~お見積り~工事~お引渡し、まで最大限のスピードで対応させて頂きました。手すりの必要箇所の見極めから、取付位置、高さ、太さまで十分に考慮して施工、「すごく使い勝手が良いです」と工事後は大変喜んで頂けました。

今回は国の「介護保険住宅改修給付制度」のご活用のご提案と、申請手続きのお手伝いもさせて頂き、最終的に約20万円の工事費のうちの一割のご負担だけで済みました。洗面所の入口扉の明かり取りも、万一の時の為に、ガラスからアクリル製に交換のご提案もさせて頂きました。商品は、TOTOの『フリースタイル手すり』、三協立山アルミの『歩行者用手すり・エトランポU樹脂タイプ』です。

所沢市にて、階段の手すり工事が完成しました。

東村山市にて、リビングの壁に手すりが工事完成しました。

練馬区練馬にて、玄関の上がり口と廊下の手すりが完成しました

板橋区中台にて、玄関土間の手すりが工事完成しました。

東村山市にて、階段の手すり工事完成しました。

杉並区上井草にて、階段と階段の手すりが工事完成しました。

コーナーを2ケ所作り、手すりを付けて、緩やかで安全な階段になりました。

order
スマホはこちら⇒03-5946-6710