フェンス工事!目隠しフェンス&塀から風通しの良いフェンス まとめて紹介

三協アルミ「フェンス、カムフィ」施工事例
★☆★2018.8.25(土)施工事例アップしました★☆★
フェンスの施工事例を【まとめて9つ】ご紹介します。

NEW!【事例1】既存のフェンスを利用した波板目隠し完成しました。

■弊社の施工事例をご覧いただき、お声かけ下さいましたご新規のお客さまです。ご自宅の1階部分を賃貸されてます。お向かいの窓が目の前あるため、既存のメッシュフェンスを利用して目隠しを設置させていただきました。

■圧迫感を抑え彩光も考慮して半透明のポリカーボネート波板を使用しました。ポリカーボネートは塩化ビニール樹脂に比べ耐久性耐候性に優れた、今やスタンダードな素材です。またフェンスの上にせり出した形で施行するため、風に煽られても大丈夫なようにアルミアングルを用いて縦に横に骨組みを組み、フックも多めに取り付けました。

これで下にお住まいの方も気兼ねなく生活が出来るようになったのではないでしょうか。(板橋区にて)

【事例2】7段積み上がったブロック塀から目隠しフェンスへ。風の通りも良くなるおまけ付き


■7段積み上がった既存のブロック塀はすべて解体。新しい壁は下段はタイル仕上げ、上段は人目に配慮した目隠しフェンスです。タイルは奥様こだわりのツートーンカラーです。同時に行ったカーテンゲート交換はこちら(練馬区練馬にて)

【事例3】老朽化していた万年塀、ブロックとフェンスで作り替え


■万年塀の老朽化に伴う工事をさせて頂きました。既存の塀を全て撤去。新しくブロックを積み上げ、フェンスを取り付けました。普通重量ブロックの積み上げは、耐震性を考慮して鉄筋を多めに入れました。フェンスに使用した商品は、三協アルミの『カムフェィ9型』です。※以前、ご自宅の全面リフォーム工事をさせて頂いたお客様です。(練馬区平和台にて)

工事中の写真

【事例4】30年以上経っている塀にひびが入り心配


■30年以上経っている塀に、ひび割れが広がり心配でした。今回ベースからやり直し、フェンスに交換されました。明るく風通しの良いフェンスで、夏に窓を開けておくと、お部屋の中の風が流れるようになりました。商品は、三協立山アルミの形材フェンス『カムフェィ9型』です。(練馬区豊玉南にて)

工事中の写真

【事例5】既存ブロック塀を低くする形でリフォーム

(練馬区小竹町にて)

【事例6】目隠しフェンスの施工事例

(板橋区赤塚にて)

【事例7】ブロックは必要最低限で目隠しフェンス設置

■ホームセンターで買って、自作したウッドフェンスが台風で大破。目隠しを兼ねている為、アルミ製の2段フェンスを施工させて頂きました。ルーバー状の隙間から風が抜ける様になっています。基礎から施工し安心なフェンスになりました。※商品は三協立山アルミの形材フェンス『カムフィX』です。(板橋区中台にて)

【事例8】背が高く風を通すタイプのフェンス

隣接する畑に新築が建つことになりました。上からの目線を考慮し背が高く丈夫で風を通すタイプの商品をご提案させて頂きました。

【事例9】波板の交換工事完成しました。

■お隣に新築が建ち、長年使っている波板の汚れが気になったため交換のご依頼を頂きました。傷んでいる波板は交換し、まだ使える支柱は塗装し直しました。鉄骨の支柱や桟は、錆びていました。ケレンと錆止め処理をした上で、ウレタン塗料2回塗りで仕上げました。(練馬区旭丘にて)


■支柱の上部にあるはずのキャップは、8割がた無くなっていました。そのため支柱の中に水が溜まっている状態で、根元をドリルで開けて水を抜いた際には、チューっと水が出てきました。そこでキャップの代わりに、支柱にバックアップ材を詰め込み、変性シリコンを2センチ以上打ち天端を塞ぎました。新しい波板を新品の金具で取り付けて完成です。

order
スマホはこちら⇒03-5946-6710