築30年.小さめ住宅のリフォーム!2階に水回りを移動、ワンルームの様にコンパクト in練馬区

練馬区貫井にて、全面リフォーム工事完成しました。

延床面積15坪。玄関や階段などで制約を受けにくい2階のスペースをフル活用し『マンションの様にワンフロアーで完結する住まい』をご提案をさせて頂きました。お母様が、安全で快適に暮らせる住宅を目指し工事が始まりました。

工事前と工事後の平面図

1階は、水回りから息子様の居室と収納部屋、玄関と下駄箱に、
2階は、居室から水回りとお母様の居室に改修させて頂きました。

age-building-30c

リフォーム前は、1階が水回り、2階が寝室でした。床面積8坪弱の1階は、玄関、階段、台所、浴室、洗面、トイレでほとんどの面積が取られてしまい、結果的に急勾配な階段になっていました。

プランニングに際し、日々の行動パターンのヒアリングから、帰宅後はよっぽどの理由がない限り、外出されることはないとの事。それならば

お母様が多くの時間を過ごす場所は、隣家の影響で暗い1階ではなく、一番快適な場所に!固定観念に縛られず柔軟な発想で、2階をメインにしたプランを作らせて頂きました。明るく風通しも良いです。

家具を並べなくて済むように、造作家具を要所で配置。見た目にもスッキリ、お母様一人分の身の周りの物は、全て入る収納量を確保しました。 畳ベッドの下も収納です。段差があり寒かったお風呂も、明るく、温かい最新のシステムバスになりました。


上下の移動は、ホームエレベーターも考えましたが、予算面で断念。段数を増やし、緩やかな勾配にして安全性の高い階段を作りました。階段の下のスペースも無駄にせず、有効活用しました。1階には、仕事が忙しく日中はいない息子様のお部屋と大型クローゼット、何でも入る大きな納戸部屋を作りました。

改修前は、高低差があり出入りし難かった玄関。改修後は、中間フロアーを1段作り安全に上がれる様にしました。靴を取るにも、座って履くにも、丁度良い高さです。下駄箱の扉は右に開き、邪魔になりません。土間の脇には、傘置き場と、ちょっとした飾り棚を作りました。玄関ドアは引き戸とし、安全性を高めつつ省スペース化しています。

担当者コメント

工事期間中は、記録的な大雪や増税前の駆け込み需要なども重なり、少し大変な場面もありましたが、職方の素晴らしい頑張りに助けられ、工期通りにお引渡しする事が出来ました。お施主様をはじめ、ご近所様からもお褒めの言葉を沢山頂きました。「住宅リフォーム減税制度」の申請書類をお渡しし、全ての工事が完了しました。

工事完了後、お施主様から頂いたアンケートです。

『まるで新築の様で孫も大喜びしています。近所の方々に(知らない人達にも)素晴らしい出来で褒められ嬉しいです。2Fが水廻りが有り過ごしやすく便利です。』
15.totally-new_c

工事前~工事中~工事後の写真

order
スマホはこちら⇒03-5946-6710