門扉・カーテンゲート工事!in練馬区/中野区

expansion21-6c
門扉がピタッと閉まると気持ち良いです。重たかったカーテンゲートが軽くスムーズに動くと良いですよね。今回はそのようになった施工事例を【まとめて9つ】ご紹介します。

【事例1】カーテンゲート、蛇腹からスライドタイプへ

■カーテンゲートの動きが悪くなってきたこと、樹木がブロック塀に寄りかかっていること、塀の老朽化が気になっておられました。

カーゲートは蛇腹タイプからスライドタイプに変更しました。見た目にも高級感がありスムーズに動かせる様になりました。

■カーテンゲートの位置をずらしシンボルツリーを活かしました。窮屈そうにしていた木も喜んでいるようです。

■こちらは、脇に回った所にあるお母さま宅の玄関です。駅から近く人の通りも多いので、プライバシーはしっかり確保したいとのご希望です。

蛇腹タイプから目隠しも兼ねたセーフティタイプのスライド門扉に交換しました。玄関介護保険の住宅改修給付制度を利用して18万円が支給されました。※ホームページを見てお問い合せ頂いたお客様です。(練馬区練馬にて)

【事例2】カーテンゲートが強風の度にゆらゆら動いて心配

■強度不足の為、台風など風の強い日はいつも心配でした。何回も道路の方に外れてしまって人にケガをさせたり、車に当ててしまっては大変と心配されていました。


カーテンゲート型が慣れていて使いやすいとの事で、強度と安定感のある三協アルミの『タフゲート』をご提案させて頂きました。耐風圧強度は、風速41m/s相当の頼れる商品です。

■既存の土間コンクリートは、経年変化により骨材が露出しており、開け閉めの際にはガタガタと音や振動が激しくなっていました。そのため、サービスで土間コンクリートを補修。「しっかりしているのに、非常に軽くスムーズに開閉できる!」と非常に喜んで頂きました。

三協アルミの『タフゲート』は名前の通り非常にタフ! 大型のハンドルは操作がし易く、立ったままワンタッチで操作が出来る太い落とし棒はΦ17。しっかり固定出来ます。また、本体の固定部の幅は、160mm(一般的な安価タイプは130mm)と強さと安定感は抜群です。(練馬区豊玉北にて)

【事例3】30年選手の門扉。雰囲気を変えずに交換

■30年使い続けた門扉もさすがに老朽化により、開閉が困難になってきました。「外観をあまり変えたくない」とのご希望で、縦格子の商品をCHOICE。新しい門扉は、レバーハンドルで操作性も良く快適です。

キーシリンダー付なので、防犯性も若干アップしています。※以前、壁紙の交換をさせて頂いたお客様です。(中野区鷺宮にて)

【事例4】重いカーテンゲートから軽いカーテンゲートへ


■急な階段のある玄関アプローチです。重いカーテンゲートから軽くスムーズに動く商品に交換しました。買い物袋を持ったまま片手で開けることが出来ます。商品は三協立山アルミのカーテンゲート『CVUN-1N型、片開きキャスタータイプ』を使用しました。(練馬区氷川台にて)

【事例5】折り戸タイプの門扉でスッキリ

商品は三協立山アルミの門扉『マイリッシュ』を使用しました。

【事例6】玄関アプローチも一緒に工事。明るい入口に

玄関アプローチのスロープと門扉の交換工事を同時にさせて頂きました。(練馬区上石神井にて)

【事例7】ブロック塀半分、カーテンゲート半分門扉工事

(練馬区旭町にて)

【事例8】花壇を解体して幅の広い伸縮門扉取り付け

■道路側の花壇を解体して駐輪スペースを作り、カースペースと兼用の幅の広い伸縮門扉を取り付けました。玄関先はシンプルモダンな機能門柱と白&茶のドットパターンがアクセントの玄関アプローチになりました。ご希望の駐輪場も出来、植物のお手入れも少なく機能的な外構になりました。

【事例9】木製カーテンゲートの交換工事

5メートルの間口のある、大スパン木製ゲートの交換をさせて頂きました。鉄骨の鳥居や吊り金具は良い状態でしたが、杉板の扉本体がかなり腐食していました。

工事中の写真

今回、水に非常に強いセランカンバツ材を使用し、扉を制作しました。重量対策のため補強も各所に施し耐性もアップ。木目の美しいオンリーワンの扉が出来上がりました。(中野区野方にて)

今回は「門扉とカーテンゲートの交換工事」について紹介しました。これで門扉はピタッと閉まり、カーテンゲートのいらいらも解消です。

order
スマホはこちら⇒03-5946-6710